YouTubeを始めたいけど、なんか不安…なあなたに贈るYouTubeかんたん講座

理想の暮らしの見つけ方|理想の暮らしがわからない人も大丈夫|こんまり流片付け

理想の暮らし赤

こんまり流片付けでは
実際に片付けを始める前に
「やること」があります。

それは
理想の暮らしを考える
ということです。

理想の暮らしの見つけ方

青空さん

理想の暮らし…と言われても…えーと…うーん…

コクウ

難しく考えなくて、いいんです。「理想」なのですから「何がなんでも実現させないと!」とか思わなくていいんです。
「こんなだったら、いーなー♪」ぐらいで^^

理想の暮らしをイメージするコツ

気軽に考えましょう♪

  • 図書館でインテリアの本を借りまくる
  • ネットで検索してみる
  • 具体的に想像してみる
    ・朝の支度の流れ
    ・夜ご飯後から寝る前までの流れ…など
コクウ

大切なポイントは「理想の状態」になった時の「気分」なのです

どんなときに、幸せを感じるか

「幸せ」のポイントは、
人それぞれ違います。
(本当に、ぜっんぜん違うのです)

どうなったら、自分が居心地が良いと思えるのか。
どんな部屋にいたら「あー。幸せ」と思えるのか。

その「感情」を、想像して
先に味わってみましょう^^

「理想の暮らし」が、わからなくても大丈夫

青空さん

コクウさんの、理想の暮らしはどんなだったんですか?

コクウ

………実は…私も「理想の暮らし」思い描けなかったんですf^_^;

今でこそ「理想の暮らし」をイメージする
やり方やヒントが、わかってますけれど、
当時はこんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」

人生がときめく片づけの魔法
「人生がときめく片づけの魔法」近藤麻理恵著

の本を読んだだけで、まだまだ片づけ初心者でした。

さらに。
「理想の暮らし」を思い描けなかった
原因がありました。

理想の暮らし、の落とし穴

こんまり流片づけを始める前。
私は専業主婦歴15年でした。
当時、栗原はるみさんに、憧れておりました。

丁寧な暮らし。
体に良いものを手作り。
家族のために美味しいご飯。
掃除も楽しくこなす。
家は素敵なインテリア。

…憧れです。
この、憧れを「理想」だと思っていました。
栗原はるみさんのような暮らしが
「私の理想の暮らし」だと。

そして。

暮らしが、苦しくなっていったんです。

丁寧な暮らし
 現実→毎日バタバタ

体に良いものを手作り
 現実→ダシは科学粉末調味料

家族のために美味しいご飯
 現実→夜ご飯作るのが憂鬱

掃除も楽しくこなす
 現実→最低限掃除機かけのみ
    拭き掃除とか無理

家は素敵なインテリア
 現実→中古のアパート
    子どものおもちゃ散乱

自分が憧れていた「理想の暮らし」
と。
自分が生活している「日常の暮らし」
が、違いすぎてます。

その「違う」ことにイライラ。
その「できない」ことに自分責め。

栗原はるみさんだって
「暮らしを楽しもう。暮らし、楽しいよ」
って発信してくれてたはずなのに。

私は
「これが、できないから、駄目」
「これが、できてないから、駄目」

ダメダメのダメ出しばかり。

それでね。
「理想の暮らし」ってものに
なんか疲れちゃって(←勝手に)
「理想」を考えるのが
嫌になっちゃったのです(^_^;)

「憧れ」と「理想」は違う

私が、どこで間違えちゃったか、
わかります( ´艸`)?

「憧れ」を「理想」だと思ったこと。

「憧れ」から始まっても
もちろんokなんです。

そこに向かいながら、
「自分が楽しめる」なら
それが、いいんです。

でも、私は
「憧れ」に向かってる途中で
自分の性格(基本、ズボラでナマケモノ)
に合ってないことを
「頑張って」しようとしてました。

結果。
苦しくなっちゃう。
つらくなっちゃう。

栗原はるみさんだって、
「ラクできる事は、楽しようよっ」て
こんな素敵な食器を↓
プロデュースしてくれてたのに…

栗原はるみバリエーショントレー

【おすすめ食器】栗原はるみバリエーショントレー専用網セット|揚げ物のハードルが劇的に下がる♪

(我が家で今も絶賛愛用中)

なぜかいつも
「それじゃあ、ダメダメ」
って、言われてる気がしてた…

自分の被害妄想的幻想。
栗原はるみさんには
迷惑なお話f^_^;

「どうしても嫌」から始めよう

私みたいな人に
おすすめなのが

コクウ

これが、ほんとーーーーーーに、嫌っ!!!


と思っていることを
見つけること。

私の場合は

コクウ

探し物をするのが、気が狂うほど、嫌!!!


でした(*^^*)

だからね。
私の理想は

コクウ

ぜっっったいに、探し物をしない暮らしにする

に、したのです。
ほんと、これだけ。
これのみ!

ここから、片づけを始めて
3ヶ月間で最後まで、思い出の写真1枚まで
片づけられました。

「理想の暮らし」が
具体的な部屋の様子でなくても
片づけは終わります。

「自分が、どうしたいのか」を考える、
ということが大切なのです。

「理想の暮らし」を考えるおすすめノート

それでも、なにか
「理想の暮らし」を考える手助けが欲しい…
と言われたら
こちらをオススメします↓

こちらのノートは、
こんまりさんが理想の暮らしを
質問してくれて、さらに
「どうしてそう思うの?」
と、深掘りしてくれます(๑˃̵ᴗ˂̵)

「あー。私はこんなふうなのが理想なんだなぁ」
と、思ってみなかった発見もありそうです♪

具体的な質問が、わかりやすい♪
「時間の流れ」から理想の暮らしを考える♪



それでは。
「理想の暮らし」は、考えられましたね。

こんまり流片づけの
大事な大事なステップを
こなされました!拍手!!!

ここからは。
実際に、手を、体を動かして
お片づけを進めていきましょう♪

こんまりメソッド、
片付け方の順番はこちら↓

こんまりメソッド洋服

こんまりメソッドやり方|最初は洋服から|こんまり流片づけ「服」

さあ、片づけ祭り、楽しんでいきましょう(o^^o)







シェアしてもらえると嬉しいです♪

ABOUT US

kokuuこんまり流片づけシニアコンサルタント髙木佐知子
アラフィフ。58㎡の鬼狭な家に5人で住む3兄弟の母。片付かない暮らしにイライラしていた時に「人生がときめく片づけの魔法」(近藤麻理恵著)に出会い、片付けられない暮らしの「終わり」を体感。 その時の感動と解放感をもっと多くの人に伝えたいと、専業主婦15年の道から「こんまり流片づけコンサルタント」の道へシフトチェンジ。 日本で3番目に「こんまり流片づけシニアコンサルタント」に合格。 片づけたお家は80軒以上、レッスン時間は2000時間を超える。現場レッスンをこよなく愛す。IKEAと無印良品への愛も深い。 暮らしの“ときめき”を伝えるYouTuberとしても活躍。 フォローしてもらえると泣いて喜びます↓